はじめてハローワークを利用する方のための情報サイト「ハローワーク利用案内」

事業所設置届とは?

事業所設置届とは?

◆事業所設置届とは、企業が労働者を雇用した日の翌日から10日以内に届出しなければならない書類のことです。

企業は常用労働者を雇用すると、雇用保険適用事業所になり、労働者を雇用保険に加入させる義務が発生します。

事業所設置届の添付書類とは?

事業所設置届を提出する場合、下記も一緒に提出する必要があります。

◆法人登記簿謄本(3ヶ月以内)

◆保険関係成立届(事業主控)

◆事務所等の賃貸契約書

◆事業の名称、所在地および事業の実態が確認できる書類

◆監督官庁の許認可証(飲食、不動産、建設など)

◆登録証(士業など)

◆税務関係(事業開始届、確定申告書など)

◆社会保険関係届書控

◆取引先発行の契約書、請求書、見積書など

◆公共料金の領収書

◆被保険者の在籍を確認できる書類

◆労働者名簿

◆出勤簿

◆賃金台帳

◆雇用契約書または雇入通知書

事業所設置届のイメージ

事業所設置届の画像

事業所設置届の注意点

◆アルバイトやパートが週20時間以上働いている場合や、アルバイト・パートを1年以上継続的に雇用している場合も、雇用保険適用事業所になり、事業所設置届の提出が必要になります。

また、雇用保険被保険者資格取得届もハローワークに届け出る必要があります。

その他、会社が従業員を採用するたびに、被保険者として登録する必要があります。雇用した日の翌月10日までに提出してください。